▼お勧めの無料ブログはやはりFC2です▼


当ブログもFC2。テンプレートも豊富、扱い易いFC2BLOGが初心者にはおすすめです!

▼FC2ブログをかっこよくしよう!▼

FC2ブログではじめるこだわりブログ第2版
FC2とは、すべて無料で素敵なブログを作成できる、ブログ作成サービスの名称です。自分で簡単に、あっという間!に多機能なブログを作ることができます。インターネットにつながってさえいれば、すべて無料。豊富な機能が大人気、使いがってもよく、日本で最もユーザー数の多い、No.1!!ブログです。パワーアップしたFC2ブログの豊富な機能をみんな解説。お役立ちノウハウ満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO対策で狙う順位

キーワードを決めて、SEO対策。と言う話を随分このブログで書いてきましたが、検索でどのくらいの順位を狙えればよいか?
と言う話です。

google「ブログの作り方」検索での上位5位までです。



5位に、この「ブログの作り方のヒント」がありますが、1位~4位までのブログと、私のブログの内容を比較して見てください。

1位→ビジネスブログの作り方
2位→エキサイトブログの作り方
3位→エログの作り方
4位→Blogcityでの作り方
5位→「ブログの作り方のヒント」

となっています。

「ブログの作り方のヒント」の検索からのメインユーザーの設定である
「これからブログを始める人・初心者~中級者」
の中で
・ビジネスブログを始めようと言う人
・エキサイトブログを始めようと言う人
・エログを始めようと言う人
・Blogcityを始めようと言う人
は上位のページに入ってしまうと思いますが、それ以外の方は5位の私のブログに入ってきてくれると思います。


この事から言える事は、
自分のサイト(ブログ)と、狙っている読者層が一緒のサイト(ブログ)よりは上位に表示されてないといけないのでは?
と推測しています。


キーワード選定して、検索を見たとき
上位の自分のサイト(ブログ)と読者が類似している所より上位に表示される事が、検索で目指す順位になるのではないでしょうか?


ただ私の感覚的なものですが、上位3位以内に入ればあまり変わらないと思います。(出ている説明文次第だと思います)
3位以内ですと、大体最初の画面に見えますので検索してきた人は、大概上位3位以内でまず選んで入ると思うからです。

テーマ : アクセスアップ方法 - ジャンル : アフィリエイト

コメント

こんにちは♪

そうですよね~、私も検索上位3つ位は、見ますが、あとは、関連文書で選んで見たりしていますから…。
いつもありがとうございます。
また勉強させてくださいね♪。

勉強になりました

初めまして。貧乏リーマンと申します。
ランキングサイトから遊びに来ました。

私はまだ始めたばかりの初心者ですが、
とても参考になりました。
お気に入りに入れます♪
これからもよろしくお願いします。

@二日酔いから回復途中の貧乏リーマンからでした。
バイバイ

PSポチッしときます

アドバイスありがとうございました

納得~~~(^o^)デス。
と、言うことは、記事の内容を書くときにも、キーワードを意識して書いた方がよいと言うことですよねー。

それから、「涙ぐましい努力ですが・・・」の記事を読ませて頂き、今回は、名前を"人気ブログへの道・kazu"にしてみました。これでも良いのでしょうか(・・?

こんにちは!

納得!!しました。
SEOは僕自身も実践できていません。
次の課題として大きく壁になっています(-_-;)

参考にさせていただきます。
応援ポチッと☆して帰ります(^_^)v

上位目指して

日々精進・・・ですね♪

ワタシ個人は、ひねくれているので
5~6位くらいを見たりします・・・

こんばんは☆

ioxc101です。

検索サイトで上位に表示される事は重要ですよね~。
私はまだまだです^^;
これから工夫していき上位表示目指して頑張っていこうと思います!
応援ぽちっと☆

そうですね。
その辺が目標です。

ただ、そこに到達するのが、難しい(泣)

こんにちは、gigiです。

確かに!と感心させられる記事でした。
私は闇雲に上位表示を目指していましたが、言われてみればその必要は無いですよね。
検索される人の気持ちになって考えた事はこれまでありませんでした(汗)。
今後はこれでブログ立上の際の幅も広がりそうです♪
ありがとうございました。
m(__)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。